栃木県とは

栃木県は関東北部の県で、県庁所在地は宇都宮。国立公園である日光、那須、鬼怒川などの観光地があります。主な産業は工業で、宇都宮、上三川町、大田原市、小山市、足利市などが中心です。農業もまた重要で、米(那須塩原、大田原、宇都宮)、酪農(那須塩原)、いちご(真岡、鹿沼)、が有名です。

栃木県の気候は、冬は山間部で雪が降り、夏は雨が多く、湿度が高いでしょう。

地理的には、栃木北部から西部の那須山を中心とした山間部と、東部の山地、中央の那珂川周辺の平野、に大きく分類されます。

特に、北西部の山間部は、尾瀬、日光といった国立公園が有名で、観光地となっています。また、那須連山、男体山、日光白根山、といった名山もあります。

栃木県中央部の平野は、豊富な河川の水資源を利用した、農業、工業の盛んな地域となっています。

栃木県の歴史

鎌倉・室町

鎌倉時代には、足利・小山・宇都宮・那須といった鎌倉御家人が台頭します。
小山氏は下野国の守護でしたが、後に鎌倉府に討伐されます。

結城氏は、小山氏を引き継ぎ、下野守護になります。しかし、室町後期には、後北条氏に討伐されます。江戸時代には、福井へ転封され、松平氏となりました。

宇都宮氏は、鎌倉時代、元寇のおり、鎌倉軍の総大将として、活躍します。室町時代では、下野、上野、越後の守護となります。豊臣秀吉の時代となり、備前国へ配流されます。宇都宮氏と婚姻関係にあった益子氏、芳賀氏は、その後も現栃木のエリアに残りました。

足利氏は、鎌倉幕府を討伐し、北朝をたてます。そして、足利将軍家となり、室町時代が始まります。

那須氏は、戦国、明治にも地域に定着し続け、現在も栃木に家名をついでいます。

江戸

江戸時代には豪族にかわり、旗本に分割、付与されました。また、東照宮が建立され、幕府に保護されます。

近代

戊辰戦争では、宇都宮藩と旧幕府軍の戦いの舞台ともなりました。その後、鍋島道太郎が知事となり、日光県と名を改め、県庁が置かれました。

現代の栃木県

廃藩置県の後、下野国北部が宇都宮県、上野国南東部と下野国南部が栃木県となりました。
1873年には宇都宮県と栃木県が合併し、栃木県となりました。

栃木県の経済

農林業として、イチゴ、にら、人参、水稲、生乳、かんぴょうが有名です。特に、かんぴょう、大麻、苺の栃木の生産量は全国トップです。

工業製品は、自動車(日産、いすず)、タイヤ(ブリヂストン)、衣料品、テレビ受像機、カメラ用交換レンズ、などが有名です。

栃木県指定の工芸品として、小山の結城紬、益子焼、日光の杉選考、鹿沼の家具が特に有名です。

鉱業は、過去には足尾銅山があり、現在では、佐野のドロマイト、石灰岩、宇都宮の大谷石が主要です。

その他の情報

スポーツ

バスケットボールでは、リンク栃木が有名です。J2では栃木サッカークラブが参加しています。

グルメ

かんぴょう、いちご(おちおとめなど)、宇都宮の餃子、そば、佐野ラーメン、那珂川の鮎などが有名です。

栃木県出身の芸能人

森昌子 亀梨和也 大島優子 酒井若菜 小田茜 渡辺徹 山口智子 つぶやきシロー 萩原正人あたりが有名でしょうか。

歴史劇観光資源

日光国立公園
足尾銅山
太平山神社
足利学校
宇都宮城址
宇都宮二荒山神社
下野薬師寺跡
旧篠原家住宅
清巌寺の鉄塔婆
宝蔵寺のおよりの鐘
善願寺の宇都宮大仏
延命院の地蔵堂
一向寺の汗かき阿弥陀
大谷寺
宇都宮美術館
西明寺

自然の観光資源

鬼怒川
那須高原
戦場ヶ原
渡良瀬遊水地
日光国立公園
尾瀬国立公園
那須岳
男体山
白根山
中禅寺湖
八幡山公園

遊園地などの観光資源

栃木県なかがわ水遊園
日光江戸村
ウェスタン村
りんどう湖ファミリー牧場
とちのきファミリーランド
あしかがフラワーパーク

その他の観光資源

益子焼
祥雲寺のしだれ桜
大平町ぶどう団地
矢板市観光りんご園
栃木県立美術館

栃木の観光協会


日光観光協会
所在地: 栃木県日光市御幸町591日光郷土センター
お問い合わせ連絡先(電話): 0288-54-2496

鹿沼市観光物産協会
所在地: 栃木県鹿沼市銀座1丁目1870−1
お問い合わせ連絡先(電話): 0289-60-2507

那須観光協会
所在地: 栃木県那須郡那須町湯本182
お問い合わせ連絡先(電話): 0287-76-2619

西那須野観光協会
所在地: 栃木県那須塩原市あたご町2番3号
お問い合わせ連絡先(電話): 0287-36-1111

宇都宮観光コンベンション協会
所在地: 宇都宮市中央3丁目1番4号(栃木県産業会館2F)
お問い合わせ連絡先(電話): 028-632-2445

栃木市観光協会
所在地: 栃木県栃木市万町4-1
お問い合わせ連絡先(電話): 0282-25-2356

足利市観光協会
所在地: 栃木県足利市伊勢町3丁目6-4
お問い合わせ連絡先(電話): 0284-43-3000

佐野観光情報
所在地: 佐野市田沼町974-1
お問い合わせ連絡先(電話): 0283-62-9855

佐野市観光協会
所在地: 栃木県佐野市田沼町974-1
お問い合わせ連絡先(電話): 0283-62-9855

益子町観光協会
所在地: 栃木県芳賀郡益子町大字益子1539-2
お問い合わせ連絡先(電話): 0285-70-1120

真岡市観光協会
所在地: 真岡市荒町2162
お問い合わせ連絡先(電話): 0285-82-7205



栃木県の最新観光記事

足利学校

足利学校は、栃木県の足利市にあった学校で、明治に廃校になるまで、儒学、易学の高等教育機関として運営されていました。

創立は鎌倉か平安か分かってはいません。室町時代には衰退していましたが、上杉憲実によって復興されました。儒学、易学を中心に教えていました。その後、江戸時代でも保護を受けましたが、易学が時代の波に取り残され、次第に衰退していきました。

明治に廃校になり、その後、小学校、図書館となり、国指定の史跡となり、保存されることとなりました。

観光地情報:

一般:400円
高校生:210円
中学生以下:無料

受付:9時〜16時30分(4月〜9月)、9時〜16時(10月〜3月)


タグ:足利 史跡
posted by 栃木 観光 at 07:00 | 栃木の観光その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。