殺生石

殺生石は、栃木県の那須にある、溶岩で、九尾の狐の伝説で有名です。

中国やインドで悪さをしていた九尾の狐が、800年くらい前に日本に渡ってきて、玉藻の前と名乗り、朝廷に紛れ込み、日本の滅亡を企てました。しかし、陰陽師の阿部泰成によって那須ヶ原へ追いやられ、三浦介、上総介により、退治されました。

その後、毒気を放つ石と姿を変え、人々を苦しめました。そこで殺生石という名をつけられました。その後、源翁和尚によって砕かれ、全国に飛散しました。

観光地情報:

JR黒磯駅から那須湯本行きのバスに乗り、那須湯本で下車
東北道那須ICを降りて、30分程で着きます


posted by 栃木 観光 at 00:00 | 那須・塩原 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。