宇都宮二荒山神社

宇都宮二荒山神社(ふたあらやま)は、栃木県の宇都宮市にある神社です。宇都宮は、もともと宇都宮二荒山神社の門前町として、拡大した町です。宇都宮という名前も、神社から来ています。文徳天皇の時代に、奈良別王により1600年前に建立された神社で、奈良別王の祖父である豊城入彦命を氏神として祭っています。

地元では、二荒さんと呼ばれ、初詣には、例年350,000人程の参拝客が訪れます。

観光地情報:

宇都宮駅から、バスで、二荒山前までいけます。徒歩でも10分ほど。


タグ:宇都宮 社寺
【宇都宮市の最新記事】
posted by 栃木 観光 at 12:00 | 宇都宮市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。